iPhoneの画面割れ対処法は?修理とバックアップの手順

iPhoneの画面が割れてしまった経験がある方は多いでしょう。特に、画面が割れたことでタッチが反応しなくなると、非常に困ります。この記事では、iPhoneの画面が割れて操作ができない場合の対処法を紹介します。

画面が割れてしまった場合、まず確認すべきは画面全体が反応するかどうかです。一部でも操作が可能であれば、早急にデータのバックアップを取ることが重要です。バックアップは、iCloudやiTunesを利用して行うことができます。操作が全くできない場合は、以下の対処法を試してみてください。

再起動と強制再起動は、iPhoneの不具合を解消するための基本的な方法です。再起動するには、モデルによって操作が異なります。例えば、iPhone X、11、12、13以降のモデルでは、音量調節ボタンとサイドボタンを同時に長押しし、電源オフスライダが表示されたらボタンを離し、スライダをオフにドラッグして電源を切ります。再起動後に画面が反応するか確認してください。

強制再起動も試してみましょう。iPhone 8以降のモデルでは、ボリュームを上げるボタンを押して離し、次にボリュームを下げるボタンを押して離し、サイドボタンを長押しします。Appleのロゴが表示されるまで押し続けることで、強制再起動が行われます。これで問題が解決することがあります。

これらの方法で画面が反応しない場合は、修理が必要です。修理を依頼する際には、Apple Storeや正規サービスプロバイダの利用がおすすめです。これらの場所では、純正部品を使用して修理が行われるため、品質が保証されます。保証がない場合でも、非正規修理店を利用することで費用を抑えることができます。ただし、修理店の選び方には注意が必要です。信頼できる店舗を選ぶことが大切です。

画面修理に出す際、データが消えることを心配する方も多いでしょう。一般的には、画面修理でデータが消えることはほとんどありません。しかし、万が一に備えてバックアップを取ることを強くおすすめします。iTunesを使用してバックアップを取る方法もあります。iPhoneをパソコンに接続し、iTunesで「今すぐバックアップ」をクリックするだけで簡単にバックアップが取れます。

iPhoneの画面が割れて操作できなくなった場合の対処方法について説明しました。再起動や強制再起動を試しても問題が解決しない場合は、修理を検討しましょう。また、データのバックアップを忘れずに行い、安全にスマートフォンを使用するための準備を整えましょう。こうした対策を知っておくことで、画面割れのトラブルにも冷静に対応することができます。

おすすめ記事