Google Pixelの初期化方法は?安全にリセットする手順

Google Pixelの初期化方法について知っておくことは、不具合の解消や端末を他人に譲渡する際に非常に役立ちます。初期化は、端末を購入時の状態に戻し、全てのデータを削除するプロセスです。この記事では、Google Pixelの初期化方法とその注意点について説明します。

Google Pixelの初期化には、設定アプリからの初期化、リカバリーモードでの初期化、紛失した端末の遠隔初期化の3つの方法があります。どの方法も、それぞれの状況に応じて利用することができます。

設定アプリから初期化を行うには、ホーム画面から「設定」アプリを開きます。「システム」メニュー内の「リセットオプション」を選択し、「すべてのデータを消去(出荷時リセット)」をタップします。ここで、内部ストレージのデータを全て消去するために「すべてのデータを消去」を選びます。これで初期化が始まり、終了後に再起動してデータを復元することができます。

リカバリーモードを使用して初期化する方法もあります。この方法は、端末が正常に起動しない場合に役立ちます。まず、Google Pixelの電源をオフにし、音量小ボタンと電源ボタンを同時に10〜15秒間長押しします。「Recovery Mode」が表示されたら、音量ボタンでメニューを選択し、電源ボタンを押して確定します。「Wipe data/factory reset」を選び、電源ボタンを押してリセットを開始します。これで出荷時設定にリセットされ、完了後に再起動してデータを復元します。

紛失したPixelを遠隔で初期化することも可能です。これは、端末がモバイルデータまたはWi-Fiに接続され、Googleアカウントにログインしている必要があります。ブラウザで「android.com/find」にアクセスし、Googleアカウントにログインします。紛失したデバイスの現在地がマップに表示され、「ロックとデータ消去を有効にする」を選択することで、遠隔初期化が可能です。

初期化前に注意すべき点として、バッテリー残量が70%以上あることを確認してください。初期化には時間がかかることがあり、途中でバッテリー切れになると初期化が中断されてしまいます。また、Googleアカウントのユーザー名とパスワードをメモしておくことが重要です。データのバックアップも忘れずに行いましょう。初期化後は、すべてのデータが消去されるため、重要な情報は事前にGoogleアカウントにバックアップしておくと安心です。

暗号化の確認も重要です。端末が暗号化されていることで、残留データがあっても情報が読み取られるリスクが低くなります。設定アプリから暗号化の有無を確認し、必要であれば暗号化を設定してください。

Google Pixelの初期化は、端末をリフレッシュし、新たなスタートを切るための重要な手順です。この記事で紹介した方法と注意点を参考に、安全に初期化を行いましょう。定期的なバックアップと適切な設定により、スマートフォンを安心して使用することができます。

おすすめ記事